女性向けホームページ制作、Webサポート、手帳術・ノート術

こつこつ改善ブログ

ホームページの料金、これって高い?安い?

コラム

  • ホームページっていくらぐらいするの?
  • これって高すぎ?

こんな質問がありました。
答えたのは

  • 正直言ってピンキリで、値段だけで判断はできない
  • 大手の制作会社など企業の規模、また企業かフリーランスかでも違う
  • 作る内容にもよる
  • ページ数にもよる

です。もうちょっと詳しく説明していきますね。

規模によって違います。

制作会社なのかフリーランスなのかでも違いますし、大手の制作会社なのか、中小企業なのかでも違います。

高い順に
大手>中小>フリーランス

あと、ランサーズなどのクラウドソーシングというのもあります。
ベテランの方もいるかもしれませんが、割と初心者の方も多いので、安い傾向です。
数万〜十数万円程度。

クラウドソーシングというのは、ネット上で受発注できるサービスです。
依頼したい人や企業と受注したいフリーランや企業とのマッチングですね。

料金は、本当にピンキリなので、書くのがとっても難しいです。
「ホームページ 相場」で検索すると、料金比較などを出している方がいるので見てみてください。後は、気になってる制作者の料金表を見てみるとかですね。

何に費用がかかるの?

ワードプレス制作の場合

  • ディレクション(打ち合わせ、分析、コンセプト設計、ページ設計等)
  • デザイン
  • ワードプレスのインストール・基本設定
  • プラグイン各種設定
  • 分析ツール導入
  • ワードプレスの使い方レクチャー
  • https化する場合の設定とリダイレクト処理
  • ライティング
  • 有料写真
  • 写真撮影
  • アフターフォロー
  • SEO

などなど一例です。


デザインについても、既存テーマを利用して、少しカスタマイズする程度なのか、がっつりカスタマイズするのか、それともテーマは使わずに完全オリジナルなのかにもよります。

デザインをしっかり作り込まないといけないページが複数あれば、その分料金に反映します。

ディレクションで出したページ数が大量だと、その分作業量が増えますので、料金も上がります。

一応、主なところを上に費用内訳を書きましたが、制作者によります。

私自身は複雑なプログラムは組めないのでプラグインを入れてできることだけです。お問い合わせフォームとかですね。ちなみにプログラムを組むのは、プログラマーさんの仕事です。

ライティングも私は基本的にお客様から原稿を頂いています。「こういう内容について書いてください」とお題を出してお願いしています。ライターさんと組んでる方もいるかなと思います。

写真撮影も無理なので、お客様から頂いたり、有料写真や無料写真で対応しています。
…と、こんな感じで、どこまでできるのか制作者によります。

SEOに強い人もいるでしょうし、デザインが突出している方もいますね。

後悔しない制作者選び

ご依頼される人も様々でして、「名刺的なものでいい。あればいい。」という方もいます。
それでも何でもいいわけではないと思うので、

  • 困ったら相談しやすい近場の制作者
  • イメージに近い制作実績がある

を意識されたらと思います。

パソコンが苦手な方がほとんどなので、相談しやすいかは大事かと。
それ程複雑なホームページが必要ではない方が多い印象ですので、意識するのはこの辺りではないでしょうか。

後は、完成を急いでいるなら、納期が間に合うのか?などですね。

逆に、ホームページからもしっかりと集客できるものをと考えている場合は、

  • ホームページを作ってどうしたいのかはっきりしておく
  • 制作者のブログやホームページ等で、どんなことを言っているか見ておく。
    コミュニケーションが取れそうか、知識はあるか、信用できそうか、デザインに問題はないかなど確認。
  • 何ができる人なのか見る
  • 価格が提供される価値に対して高すぎないか

制作時間もかかりますし、お互いの意思疎通がないと難しいですね。

後は、良さそうかなと思ったところからいくつか見積もりを取りましょう。

内容と価格、コミュニケーションや信用の部分などを比べてみて、納得いく制作者を選べば、後悔しないかなと思います。

私の場合は、値引き対応はしませんが、削れる部分は削る等すれば予算内に収めることもできるので、そのように対応しています。そういう対応も人によりけりだと思います。

制作者にどこまでやってもらえて、自分は何を準備したらいいのか聞くとスムーズですね。

最後に

料金で悩んでいる方は、

  • 企業かフリーランスかなどの規模によって違います。
  • 制作者のできることによります。
  • 作る内容やページ数にもよります。
  • 自分が作りたいものに合う制作者を探そう。

制作者としては、相見積もりって嫌なものではありますが…^^;
質問されたことなので、詳しく書いてみました。

手に取れないものだし、作ったところでどうなるのか分からないし、決して安くはないので、そこにお金をかけるのって本当に悩むだろうなと思います。

参考になりましたら、嬉しいです!

\ この記事をシェアする /

コラム