埼玉県川口市の女性向けホームページ制作、Webコンサルティング、ご相談ならSprout Design 工房へ

こつこつ改善ブログ

接触頻度をUPして「気になる」から「申し込み」へ

改善方法

  • 告知してもなかなか反応が得られない
  • 申し込みが入らない

よくありますよね。私も自分のグループのイベント告知だったり、自分の何か募集だったり、大変な思いしますよ。

接触頻度ってご存知ですか?

何回も接する内に気になってきたり、存在に気づいてもらえるようになります。
心理学で「ザイオンス効果」と言うそうです。
これをWeb集客に使います。

情報に接する機会が多いほどいいですね。

過去に自分のグループのイベントをしましたが、結構頻繁にイベント告知をInstagramやFacebookでやっていました。始めたばかりで、フォロワーも少ないのでなかなか集客は大変でした。

それでもお客様に来ていただいて、無事にイベント開催できました。イベント終了後に出店者の方から、「あれぐらいやらないとダメなんですね」「あれだけやってもこのぐらいなんですね」という言葉がありました。

一回、二回の告知じゃほぼ伝わらないってことですね^^;

可能性ありそうな方に、直接、メッセージ送ってみたりもしたのですが、「そういえばチラッと見ました。ちゃんと見てないので、じっくり見てみます」と言われたこともあるので、案外見てないんですよー!目に入ってないこともあるでしょう。

という訳で、募集告知の集客が大変!という方は、接触頻度を上げてみましょう!ホームページにも詳細を載せた上で、何度も投稿できて、反応がでやすいSNSが良いです。

どんな告知をする?

売り込みはやっぱり喜ばれませんね。もちろん、どんなことを募集するのか、概要を伝えないといけませんが。そういうこと以外にはどんな内容を伝えるかというと…

  • 体験する(受講するetc)ことで、どんな変化がある?
  • どんな思いで仕事をしている?
  • 過去のお客様は何と言っていた?
  • 残何人、期間限定など、今申込む理由は?

コーチ、コンサルさんだとコンサルを受けてもらうための募集などあるかと思います。

募集しているものに申し込んで体験することで、どうなれるのかを伝えてみましょう。

どんな思いを持っているのかは積極的に伝えていきたいところです。専門家として高いスキルを持っていそう…などと思われても、人柄や考え方の面が伝わらないとなかなか申し込みが入りにくいです。よく分からない人と関わろうって思いにくい。

過去のお客様の声は、あれば是非とも!やはり実際に体験されている方の声というのは迷っている方の背中を押してくれますので、発信して欲しいですね。

残何人…等も、「今じゃなくていいやー」というのを防ぎます!

まとめ

接触頻度UPしましょう!

まずは存在に気づいてもらって、「気になる」へ。
それから「申込み」へ。

一回告知した程度ではなかなか読まれません。

  • 体験する(受講するetc)ことで、どんな変化がある?
  • どんな思いで仕事をしている?
  • 過去のお客様は何と言っていた?
  • 残何人、期間限定など、今申込む理由は?

これらを含めた文章を繰り返し伝えてみてくださいね!

\ この記事をシェアする /

改善方法