女性向けホームページ制作、Webサポート、手帳術・ノート術

こつこつ改善ブログ

【トラブル解決】メールフォームからお問い合わせが届かない

WordPress

前回からお伝えしている着付け教室の集客改善ですが、いきなりトラブル!!やっぱり作ってそのまま放置はダメ><
本当に悪い例を示しすぎて恥ずかしい限りですが〜!

何があったかといいますと、お問い合わせがあったのに受信エラーで、せっかくのお問い合わせに気づいていませんでした。

ざっくりデータ書いておくと、100PV(※PVは見られたページ数)以下だったり、多くても200PV以下です。ちなみに月間なので、かなり少ないことがお分かりかと。1日で計算すると数ページですよね。それでもちゃんと問い合わせ発生するので、アクセスを増やせばもっと楽になる!ということです。

トラブルにどうやって気づいたか

「アクセス増やさないとな!」と思った時に、Googleアナリティクスという無料ツールでアクセス状況などもチェックしていたのです。

結構便利で、アクセス数だけじゃなく、どのページが見られたのかチェックできます。そこで、お問い合わせの完了ページがここ数ヶ月で数件発生しているのを目にしました。

ちなみに目標設定で「お問い合わせ完了」した情報を集計することもできます。今回トラブルがあり、設定しました。

母に聞いてみると、迷惑メールにも入っていないと…!!
試しに私もホームページから問い合わせしてみましたが、やはり届かないと!!

えらいこっちゃ><

もちろんメール設定した時にテストして受信できているのも確認済みです。メールが残っていました。

なのに…!なぜ???

原因がわかりました!

結論言いますと、他のセキュリティー対策のプラグインとの相性が悪かったようで、いつの間にか不具合が発生していたのでした。

※プラグインというのは、お問い合わせフォームやセキュリティー対策、seo対策などの個別に追加できる機能です。

こういうこと時々起こります。

トラブル対応方法は?

  1. まずはバックアップ!プラグインで取ります。
    ※私は、UpdraftPlusというプラグイン を使っています。
  2. 今回問題になった問い合わせフォームのプラグイン以外のプラグインを一つ「停止」して、フォームが動くか確認する。
    ※今回は、設定画面を開いても一部が空白だったので設定ページが表示されるか確認しました。
  3. 違っていたら、また別のものを「停止」して確認を繰り返す。
  4. 相性の悪いプラグインが見つかったら、削除して別のプラグインを導入
  5. 再度フォームが動くか確認する。

問い合わせフォームのプラグインでデータ集計しておく

たまたま使っていたお問い合わせフォームのプラグインでは、お問い合わせのデータが自動でたまってあったので、連絡先と送信内容、送信日時を伝えることができました。

母のホームページでは、Ninja Forms(ニンジャフォーム)を使ってます。「reCAPTCHA(リキャプチャ)」という迷惑メール対策になるものが設定できて便利。

「私はロボットではありません」というものです。

私自身は、MW WP Formをよく使います。こちらもお問い合わせデータの集計をワードプレス上にできます。不要であればオフにもできます。

まとめ

放置ダメ!

これに尽きますね。たまに表示してみて、不具合が出ていないか見てみたり、ログインしてプラグインの更新をして、最新の状態にする。

ちゃんとお手入れしてあげよう!

着付け教室集客改善シリーズ (4)

\ この記事をシェアする /

WordPress