女性向けホームページ制作、Webサポート、手帳術・ノート術

こつこつ改善ブログ

お客様の声で自信と集客力アップする理由

コラム

お客様の声って活用していますか?
普通にお客様の声として、利用された側の感想として使えるだけでなく、自信がなくなってしまう時に味方となってくれるんですよー。

私も自信がない時期って長くあったので、その時の自信がない気持ちの乗り越え方を以前記事にしましたが、今回は、「お客様の声」に注目して自信を持つ方法をお伝えしていきますね。

お客様の声って怪しい?

いつもお客様に激推ししてるんですが、「そういうのはちょっと…」「なんかうさん臭いし…」と大体引かれてしまいます。

騙されたと思ってやってみて欲しいですが、まだ怪しいと思ってますよね^^;もしかしたら怪しいお客様の声を読んでしまったのでしょうか。

なぜ怪しく感じるのか?

「とても良かったです。ありがとうございました。」のように具体的に書かれていないと、読んでも何もわからない!だから「大丈夫なのかしら?」と不安に思ってしまいます…。

あと絶賛コメントしかないとかでしょうか。 万が一、悪いことが書かれてしまってもそのまま載せた方がリアルなので、載せておきましょう。

では怪しくならずに、読む人のためになるようなお客様の声とは、どんなものでしょうか。

それは、そのお客様はどんな悩みを抱えていて、サービスはどんなものだったのか?、サービスを受けてどうなれたのか?そこが具体的に書いてあれば、読んだ人も参考になりますよね。

サービスを受けずにいたらどうなるだろう?受けたらどうなるだろう?読んだ人が想像してくれます。

お客様の声から自信を得るには?

お客様の声を活用するメリットはこちら

  • 他人から見た強みが分かる
  • 発信ネタにできる
  • 声として集客に活用できる
  • 苦手な人のフィルターに

他人から見た強みが分かる

自分で自信が持てないんだったら、他人からの言葉って嬉しくありませんか?

ビジネスをうまく軌道に乗せるには、まず「自分の強み」を知ってないとです。それを知る上でも書いてもらって損はない。

強みを言語化するのって結構大変なんですよね。なかなか丁度いい言葉が思い浮かばなかったりしますので、それを教えてもらえるというのは、本当に助かります。

あと以前やってもらったお客様が言ってたのは、「そういうところに悩んでたんだ!とびっくりしました」と。
だから自分が気づいてないことを知る機会でもあります!

発信ネタにできる

  • 困っていたことにフォーカスする
  • サービスを受けた後の変化や感情にフォーカスする
  • ノウハウとして書く

などなど、お客様が書いてくださったものを部分的にピックアップしてみるとブログやSNSでの発信ネタも増えますよ。おすすめ!

お客様の困りごとをしっかり把握できていると、また同じような悩みをお持ちの方にもお役に立てますよね。

書けない、書くことがない、何を書けばいいのやら、発信できない〜!発信しても反応ない!…と落ち込まずにすみますよー。

声として集客に活用できる

「お客様の声をいただきました!」というのをブログやインスタなどに載せるだけでなく、一部抜粋してご案内文章などに追加しておくのも、説得力アップしておすすめです。

『「お客様の声抜粋」「お客様の声抜粋」このような声をいただいてます!』

という感じです。

苦手な人のフィルターに

物事って両面ありますよね。
自分では短所だなと思っていたことも、他の人からは長所だと思われたり。

ゆっくり進めたいお客様は、寄り添ってくれるような優しい方を求めてるだろうし、逆にビシバシ指摘してもらって突き進んでいきたい人もいるでしょうし。

お客様が「求めてるものと違うかも?」とか、「こういう人を探してた!」などの判断にもなるので、自分が苦手だなぁと思うタイプのフィルターになります。
(それにはやはり具体的に書いてもらわないとですね。)

ミスマッチがあるとお客様も自分も辛いですからね。
「またこんな人が来ちゃった…」ってなると、「やっぱり私ダメなのかな…」って考えになりかねません。
そうなるとまた自信をなくしてしまったりしますから。

まとめ

読んだ人にイメージしてもらえるような具体的なお客様の声をもらうようにしましょう!

あと、あれこれ書きましたが、「自信」は完全に持てなくていいと思います。

浮き沈みがあっても、「そこそこ私も人の役に立てているな!」とか「こんな言葉もらったしまた頑張ろう」でいいんじゃないでしょうか。

私は、自分で自分を褒めるのが下手なので(手帳に書いてみようと思ったけど1日で終わりました)、他人からの言葉ってありがたいって思います^^

集客面でも「お客様の声」ってとっても大事なので、そちらの意味でもぜひ取り入れてみてくださいね。

\ この記事をシェアする /

コラム