埼玉県川口市の女性向けホームページ制作、Webコンサルティング、ご相談

ホームページこつこつ改善メモ

人気の教室を作りたくて、ホームページ制作にのめり込みました。

5.コラム、考え

こんばんは。女性専門Webデザイナーの古賀です。

いつもお世話になっている蕨のコワーキングスペースjoinさんで、利用者のインタビューを受けたんです。

色々話してたら、すごい昔のこと思い出したので書きとめておきます。

始まりはただの趣味です。

私は元々、母が着付け教室をしていて、趣味でホームページを作ったのがきっかけで、今はホームページ制作のお仕事をしています。

趣味でやりはじめたのは、たぶん15年以上前かな。20年ってことはないかと思う。

長い間、ただ面白いな〜と思って、趣味でやってたのです。

時々、ホームページを見て、生徒さんが増えたよ!って報告もらって、すごい嬉しかったー!!

でも、結局クチコミがほとんど(笑)。

だから、もっと知ってもらうことってできないのかな?もっと人気が出てもいいはずなのに!おかしいぞ!…とか思ってました。

それでもしかして、Webデザインをきちんと学べばできるんじゃないかな?と思い、その頃子供はいなかったけど、派遣パートで働いてたので、オンラインスクールで勉強しました。

分かったのは、ツールの使い方であった!!がっかりや〜。宿題こなすのも大変だったな。

そうじゃないスクールもあるかとは思うけど、今思えばどんどん何でもいいから作って、ブログなり何なりに出して行けばよかったなぁ。

ホームページ作りにはビジネスの考えが必須であった。

それでも行動しながら、試行錯誤して、時々ホームページ制作を頼んでくれる方がいたけど、出来上がりにどうも納得していただけなかったり。

そんなこともありましたね。思い出すだけで、冷や汗でます。

デザインも今ひとつだったでしょうし、ホームページ制作って、お客様のビジネスを一緒に考えて、お客様のその先のお客様に伝えていくことですね。

ビジネスのお勉強が必要でした。

そこが全然分かってなかったので、言われるがままに作ったけど、『何か違う、うーん…言葉にできない…』みたいなことを言われた経験あります^_^;

当時のお客様には申し訳なかったし、私もかなり精神的ダメージを受けましたが、今思えばすごくいい経験になりました。

マーケティングとの出会い

あぁ、作るだけじゃダメなんだぁ。じゃあどうすれば?…で、『マーケティング』という言葉と出会いました。

たまたま企業のホームページやランディングページの一部のデザインを改善する仕事をさせて頂く機会に恵まれ、マーケティングの考え方に触れることができました。

マーケティングというと難しいけど、伝わって欲しい人に価値がスムーズに伝わること。

自分の良さやこだわりを見つめて伝えたり、他よりすごく優れてなくてもいいんだけど他では言ってないことを伝えることだったり、それを誰に伝えるのか?だったりです。

企業のデザイン改善の仕事以外には、ホームページ制作の企画や進行管理などをするディレクター向けの本やWebからの情報を見て学んだり、マーケティングからデザインまで教えてくださる方から学んだり、そんなこともしてきました。

あとはトライ&エラーというか、実践で鍛えてです。制作会社で勤務経験でもあればよかったなぁって思いますが、色々ご縁いただいて、信じてくださって、本当に感謝しかない!!

経験値が少ない分、成果出るまでとことんやるぞ!の精神で今のところやってます。

ありがたいことに、理想のお客様像を決めただけでも、『発信の軸が定まって、効果が出てきました。』という言葉もいただいてます。

教室に限らず、Webで人気を出すには、ホームページを何のために作るのか?誰に届けるために作るのか大事ですね。

自分の今までの経験や出会ったお客様のことも振り返るとヒントがあるかも!

ではまた〜!

\ この記事をシェアする /